日常生活に支障 | 効果的な新型うつ病や精神障害の治療や特徴|打ち明け解決

効果的な新型うつ病や精神障害の治療や特徴|打ち明け解決

日常生活に支障

うつ病患者数

女性

普段生活している中で、少し疲れたなと感じることや、頭が重いと感じること、同じ曜日や同じ時間に必ず頭が痛くなったり吐き気がしたりという症状は体の病気の可能性もありますが、ココロの病気である可能性も含まれています。ココロは声を出すことができないため、心のSOSとして体の症状としてでてくるようになっています。心の病気として今1番注目を集めているのがうつ病です。うつ病にはなっているけど、病院に行っておらずに診断されていない人を合わせると10人に1人の割合であると考えられています。精神疾患がある人の数は年々増えておりこの4年以内に約70万人増加したと言われており、日本人とうつ病など精神疾患は切り離せないものとなりました。

新型うつ病

新型うつ病というのは主に新卒生など若手社員のあいだで表れやすいうつ病です。新型うつ病は、年配の社員などからすると、なんだか仮病のように見えてしまいがちですが、病気です。これまでのうつ病と違う症状であるために、なかなか発見されにくいものです。1番これまでと違うと考えられているのは、自分の好きなことをするときには、その症状が見られないが、自分が好きではないことをするときには非常に症状がでてくる、そして体の不調がでることが多いが熱などがあるわけでもなく風邪の判断がされるわけではないので、病欠として認められにくいです。新型うつ病などうつ病と向き合う上では、その病気の性質や特徴を理解して付き合っていく必要があります。