効果的な新型うつ病や精神障害の治療や特徴|打ち明け解決

吃音とは

吃音は言語聴覚士などが治療を行ないます

女性

吃音は、言葉を発する際にどもりなどの独特の症状が現れるのが特徴です。幼少時に発生することが多く、時に大きなコンプレックスを生じさせることがあるのです。大人になってから発症する吃音もあり、こちらは治療もやや複雑になります。こうした吃音を治療出来る医療機関も現在では増えています。主に耳鼻咽喉科や心療内科、精神科などで吃音の症状を扱っていることが多いです。治療は主に言語聴覚士が担当します。言語聴覚士は言語障害や言葉の発生に関する様々な問題を治療するスペシャリストです。吃音に関しても様々な療法を用いて症状を改善へ導いていきます。こうした吃音治療を行なう病院の中には、スピーチや話し方などを合わせて指導している所もあるのです。

様々な面から症状を改善する方法が試みられているのです

吃音は発生の原因が分かっていないため、治療には時に困難も伴います。薬やカウンセリングだけでは中々改善しないことも多く、言葉の発し方や心の持ち方などを幅広く訓練していくことが必要になるのです。幼児期で発症した吃音の場合には比較的治しやすいと言われています。独特の抑揚を取り入れてゆっくりと話す方法や、腹式呼吸などが広く行なわれている治療法です。専門的な言語聴覚療法が試されることもあります。日本では長い間、吃音は心理的な問題で起こっていると考えられてきました。そのため、症状への様々なアプローチが得にくい状況にあったのです。現在では海外で行なわれているより画期的な方法が徐々に取り入れられるようになっており、効果を上げています。